副作用・トラブル

着圧ソックスを履くと「かゆい」その原因と簡単ですぐにできる対策!

着圧ソックスでかゆい

ここでは、着圧ソックスを履いた時に「かゆい」と感じる方におすすめできる内容を詳しくお伝えします。

  • 着圧ソックスを履くとかゆい原因は?
  • かゆい場合の対策は?

など、気になる方の参考にしていただけると嬉しいです。

寝るときにかゆくならない素材が欲しい>>着圧ソックスおすすめランキング

着圧ソックスを履くとかゆい!その原因は?

着圧ソックスを履くとかゆい!その原因は?
  • かゆいのは主に、乾燥・血行不良・蕁麻疹などが原因になっていると考えられます。

それでは、詳しく説明していきたいと思います。

締め付けによる血行不良

締め付けによる血行不良
  • 足を締め付けすぎると血行不良となり、かゆみが起こりやすくなります。

締め付けが強い着圧ソックスをムリして履き続けてしまうと、足の血行が悪くなってしまう可能性があります。

とくに足先に近い末梢部分では、細くなった血管を押し広げて流れようとする血液が刺激となり、かゆみを引き起こすことがあります。

締め付けが強すぎる着圧ソックスを履き続けると血行不良を起こしかゆみの原因となります。

寝るとき用なら弱圧で血行不良も安心>>おすすめの着圧ソックスを見る

素材による乾燥

素材による乾燥
    素材がお肌の水分を奪ってしまい、乾燥いている。

着圧ソックスの素材や配合率はさまざまですが、伸縮性を良くするためにナイロンやポリウレタンといった化学繊維素材が含まれていることが多いです。

これらは合成繊維といって石油を原料にして作られています。

合成繊維は含まれている水分の量が少なく、お肌の潤いを奪ってしまうため乾燥しやすくなってしまいます。

主な素材の水分率は、

  • ポリエステル:0.4%
  • アクリル:2.0%
  • ナイロン:4.5%
  • コットン:8.5%
  • レーヨン:11.0%

となっており、水分率(%)が少ないほど乾燥しやすいと言われています。

すなわち、水分率の低い素材だと肌の水分を奪い、乾燥してかゆみの原因になっている可能性があるというわけです。

カサカサでかゆい>>乾燥対策しながら脚やせ効果にいい着圧ソックス

ゴムの跡がくっきり残っている

ゴムの跡がくっきり残っている
  • 履き口のゴムの跡が蕁麻疹となってかゆくなることもあります。

ゴムの跡がかゆくなる原因は蕁麻疹が多いです。

蕁麻疹というと食べ物などのアレルギーによって出ると思われがちですが、実はブラやソックスのきつい締め付けも蕁麻疹が出る原因となります。

着圧ソックスでは、履き口のゴムで圧迫を受けた部分からヒスタミンというかゆみを引き起こす物質が分泌されることで蕁麻疹が出てかゆくなります。

長時間の着用や履き口のゴムがきつすぎると蕁麻疹が出てかゆみの原因になることも!

履いててかゆすぎる>>履き口を圧迫しないおすすめの着圧ソックス

着圧ソックスによるかゆみの原因をまとめると、

  • 締め付けが強すぎるて血流が悪くなる
  • 水分率の低い素材が肌の潤いを奪い肌が乾燥する
  • 履き口のゴムがきつすぎて蕁麻疹が出る

といった感じです。

では次に、これらの対処法について説明します。

着圧ソックスを履くとかゆい場合の対策は?

着圧ソックスを履くとかゆい場合の対策は?
  • 自分で気をつけたり商品をチェックしておくことでかゆみ対策ができます。

むくみを改善したい、脚は細くなりたいけど、かゆみが出てしまうとどうしても我慢できないですよね。

ここでは対策方法や、着圧ソックスを快適に履くために気をつける方法について説明していきます。

しっかり保湿する

しっかり保湿する
  • お肌に潤いを与えて乾燥予防しましょう。

着圧ソックスを履くことで肌の水分が奪われてしまうため、履く前に脚全体に保湿クリームを塗るといいでしょう。

また、素材自体に保湿効果のある「アルガンオイル」や「シアバター」などの美容成分が含まれている着圧ソックスもあります。

これらを履くことで、保湿力がアップし乾燥を防げるため、かゆみが起こりにくくなります。

乾燥によるかゆみが原因かな?と思った方は、保湿クリームを塗る、保湿効果のある着圧ソックスを履いてみましょう。

部屋の温度・湿度に注意する

部屋の温度・湿度に注意する
  • 湿度が低いと乾燥、温度が高いとムレやすい原因になります。

冷房や暖房で湿度が低くなると肌が乾燥し、かゆみが出やすくなります。

肌にとって適切な湿度は50%~60%程度と言われています。

しかし、

  • 湿度が高いと足裏は汗をかきやすい
  • ポカポカしすぎると汗をかきやすい

ため、着圧ソックスを履くことで逆に足がムレてしまうこともあります。

そのような場合には通気性、速乾性に優れた生地や、足先の空いたオープントゥタイプの着圧ソックスを履くのがおすすめです。

乾燥や発汗によるかゆみ対策のために、部屋の湿度や温度を管理し、通気性が良い生地やオープントゥタイプの着圧ソックスを履きましょう。

素材をチェックする

素材をチェックする
  • 生地に使用している素材の配合率も見ておきましょう。

着圧ソックスに使用している生地の水分率が低い素材はかゆみの原因となります。

しかし、水分率が高いシルクなどの天然素材は値段も高いですし、締め付けが不十分で強度が弱いなどの問題があります。

そのため、素材の配合率を重視するといいでしょう。
  • レーヨン
    水分率11%と高く肌触りも良い
  • ナイロン
    水分率4.5%でも伸縮性に優れている
  • ポリエステル
    水分率0.4%と少し低いですが、丈夫で乾きが早い

など、それぞれ特徴があります。

また、メーカーによっては特殊な繊維を使用し、長時間履いても肌へ負担を与えないよう工夫されている着圧ソックスもあります。

素材は、水分率、伸縮性、丈夫さや速乾性など、生地の配合率を見て比較してみましょう。

着圧力の強さ

着圧力の強さ
  • あまり強すぎない着圧力であることも大切です。

足を引き締めたいからといって着圧が強いソックスを履き続けると、血行が悪くなってしまい、かゆみや皮膚トラブルを起こしてしまうこともあります。

また、しびれなどの神経障害が起こってしまうこともあるため、ムリをして履き続けるのは絶対にやめましょう。

日中用では着圧が強すぎると感じる方や、着圧ソックスを履くことに慣れていない方は、夜用の着圧ソックスを日中に履くのがおすすめです。

夜用は日中用よりも圧が弱く作られているためです。

強すぎる着圧は血行不良でかゆみの原因に、弱圧なら夜用の着圧ソックスがおすすめです。

サイズが合っている

サイズが合っている
  • 足回りがきつすぎず、自分に合ったサイズを履きましょう。

いくら着圧力に注意しても、自分に合ったサイズでないと、きつすぎてかゆくなってしまう可能性があります。

きつすぎるソックスをムリして履き続けることは前述した通り血行不良の原因になります。

必ず自分に合ったサイズの着圧ソックスを選びましょう。

同じサイズでもメーカーによってサイズ感は違ってくるため、選ぶときはホームページに記載されている足回りのサイズを参考にすると良いです。

サイズが小さいくても血行不良によるかゆみの原因になりますでの、メーカーによってもサイズ感が違うため自分に合ったサイズであるか確認しましょう。

履く時間

履く時間
  • 履き続けるとゴムの跡がつき、かゆくなりやすいため、長時間の着用は避けましょう。

着圧ソックスを履く時間が長いと履き口のゴムの跡がつきやすくなります。

このゴムの跡が蕁麻疹となることでかゆみが出ます。

そのため24時間履き続けるのではなく、足を締め付けない時間を作ることも大切です。

また、履き口が広く締め付けすぎない着圧ソックスもかゆくなりにくいのでおすすめです。

長時間の着用は避け、なるべくゴムの跡がつきにくい履き口が広めの着圧ソックスを履きましょう。

着圧ソックスでかゆい時の対策まとめ

着圧ソックスでかゆい時の対策まとめ

対策方法をおさらいすると、

  1. 保湿する
    →保湿クリームを塗る、保湿効果のある素材、乾燥によるかゆみを防ぐ
  2. 部屋の温度・湿度
    →乾燥対策になるが、発汗にも注意する
  3. 素材
    →乾燥しにくい水分率の多さにも注目する
  4. 着圧力
    →血行不良によるかゆみ対策、弱圧の着圧ソックスがおすすめ
  5. サイズ
    →きつくない自分のサイズに合うもの
  6. 履く時間
    →ゴムの跡がつかないように適度に履く

という6つのポイントでした。

もしあなたが着圧ソックスを履いていてかゆみが気になっているなら、一度確認してみてください。

また、上記を満たしていて、おすすめできる着圧ソックスをランキングで紹介していますので、よかったら下記を見てみてください。

着圧ソックス 寝るとき
着圧ソックス寝るときおすすめランキング!効果ある選び方や履き方は?ここでは、寝るとき用の着圧ソックスについてまとめてます。 寝るときに履く着圧ソックスを探している なるべく安く購入し...

着圧ソックスを履くとかゆいのまとめ

着圧ソックスを履くとかゆいのまとめ
  • 着圧ソックスによるかゆみは、乾燥・血行不良・蕁麻疹などに注意することが大切です。

内容をおさらいすると、

  • 乾燥によるかゆみ
    →保湿、部屋の温度・湿度、素材
  • 血行不良によるかゆみ
    →着圧力、サイズ
  • 蕁麻疹
    →時間は適度に履く

ということでした。

脚をケアするには、ストレス無く履けることも重要なポイントなので、かゆみについてもしっかり対策して快適に履きましょう。

最後に、乾燥や血行不良にも気を配ったおすすめの着圧ソックスを下記に紹介していますので、一度参考にしていただけると嬉しいです。

着圧ソックス 寝るとき
着圧ソックス寝るときおすすめランキング!効果ある選び方や履き方は?ここでは、寝るとき用の着圧ソックスについてまとめてます。 寝るときに履く着圧ソックスを探している なるべく安く購入し...