履くタイミング・場所

着圧ソックスは運動中だと逆効果かも!運動後に履くのどっちがいい?

着圧ソックス運動

ここでは、着圧ソックスを運動中に履くことについて詳しくまとめています。

  • 運動中に履くと逆効果って本当?
  • ランニングやウォーキングすれば履かなくてもいい?
  • 運動後に履くのがおすすめなの?

など、参考にしていただけると嬉しいです。

着圧ソックスは運動中に履くと逆効果になる?

着圧ソックスは運動中に履くと逆効果になる?
  • 運動中は圧迫感を与えやすいため、むくみや冷えの解消にはあまりオススメできません。

そもそも、着圧ソックスは、運動していない時に履くことで、リンパの流れを良くし、むくまないようにするのが目的だからです。

しかし、スポーツ用の着圧ソックスもあります。

スポーツ用を履くと、

  • 運動効率をあげる
  • 筋肉に加圧し、負荷をかける
  • 運動時の疲労軽減
  • 疲労などが原因で起きるこむら返りの予防

などの効果が期待できます。

「むくみや冷え」についてはあまり効果的ではありません。

スポーツ用には、ソックス、レギンス、ショート、ロングなど色々ありますが、気候やスポーツ毎に合わせたタイプ、圧迫感がなく動きやすい伸縮性や、通気性を考えて選ぶと快適にスポーツに打ち込めそうですね。

もし運動をする際に履きたいと考えているなら、疲れを残さない目的で着圧ソックスを使用しましょう。

ランニングやウォーキングすれば着圧ソックスは必要ない?

ランニングやウォーキングすれば着圧ソックスは必要ない?
  • 血行促進に繋がるため、着圧ソックスを履かなくてもむくみや冷えの解消には効果的です。

しかし、それでも解消されなかったら、手軽にケアできる着圧ソックスに頼ってみましょう。

寝るとき履くとむくみケアや冷え予防できる>>着圧ソックスおすすめランキング

ちなみに、ランニングやウォーキングなどは、有酸素運動となります。

むくみの原因の一つは運動不足ですので、運動を行うだけで、むくみは解消される場合もあります。

しかし、むくみ自体は、疲れや冷え、水分の代謝や、ホルモンバランス、自律神経など様々な原因によって引き起こされます。

よって、ランニング、ウォーキングなどの有酸素運動をしても効果が得られなかった時には、着圧ソックスを使用して様々な原因に対処してみましょう。

着圧ソックスは運動後に履くのがおすすめ

着圧ソックスは運動後に履くのがおすすめ
  • むくみや冷え解消には、運動後の着用がおすすめです。

運動は、

  • 血行促進
  • 筋肉をつける
  • 脂肪を燃焼

させ脚を細くする効果が期待できます。

しかし、同時に筋肉が疲労するため、身体は乳酸という物質を出します。

この乳酸が、脚に溜まってしまうと筋肉が硬くなり、血液やリンパが滞ってしまい、脚がむくんで太くなってしまうというわけです。

そんな時には、着圧ソックスを活用すると手軽に疲労の蓄積を防ぎ、運動後のむくみケアをしてくれます。

また、ロングやショートタイプなどのバリエーションに関しては、脚の甲から太ももまで幅広くサポートできるロングタイプがおすすめです。

冷えが原因で脚が太くなっている場合にも、マッサージのように加圧するため冷え解消にも効果的です。

また、筋肉痛になるって方にも軽減につながるのでいいでしょう。

着圧ソックスは運動後に履けば、加圧のマッサージ効果で筋肉の疲労軽減やむくみ・冷えの解消にとてもおすすめです。

寝るとき用なら弱圧で優しくケア>>おすすめ着圧ソックス人気ランキング

着圧ソックスは運動中よりも運動後の方がおすすめ

着圧ソックスは運動中よりも運動後の方がおすすめ
  • 運動中よりも圧迫しにくい運動後がいいでしょう。

おさらいすると、

  • 運動中
    スポーツ用があるけど、むくみや冷え解消じゃなく疲れにくい目的。
  • ランニングやウォーキング
    どちらかで、むくみや冷えが気にならないなら、着圧ソックスは特に必要なし。
    やっても改善しない、疲れを軽減したい場合は着圧ソックスがおすすめ。
  • 運動後
    運動中は圧迫しやすいから、運動後に履くと疲労軽減、むくみや冷え解消にもいい。

といった感じでした。

運動後のケアは運動と同じくらい大切なことです。

何もしないで、翌日を迎えたときより、きっと脚の軽やかさや張り具合が違ってきます。

むくみや冷えを解消するために運動をする方は、ぜひコンディションを整えるためにも着圧ソックスで手軽にケアしてみましょう。

運動してもむくみや冷えが解消しない>>寝るときにスッキリする着圧ソックス